別の原因箇所

住宅街

家のバランスが崩れると、雨漏りに繫がる。もちろん、これは一概に言えるものではありません。やはり、事の発端となったこともそれぞれ違うと思いますし、その影響の伝わり方によっても原因箇所となる部分は全く異なると思います。原因箇所が違えば、その対策方法も違うものになりますよね。ですから、まずはどの部分が原因となって雨漏りが生じているのかという問題点の発見が大切になります。しかし、雨漏りというのは原因箇所を特定するのが難しいものでもあります。そこで、この記事で原因となり得る具定例をまとめておきますので、参考にしてみてください。一番イメージしやすい原因は、屋根の欠損ですね。瓦屋根の場合は瓦のズレや破損によって、内部がむき出しの状態になり、そこに水が進入することで内部を染み渡り雨漏りに繫がるというものです。この場合は、新しく瓦を取り付けるだけで、元の防水効果を取り戻す場合があります。もう一つは、屋根以外の部分に原因箇所がある場合ですね。とくに外壁部分にひび割れがあったりすることはよくあります。築年数がふるくなると、どうしても外壁のひび割れがひどくなります。そして、ヒビ割れた箇所から少しずつずれが生じて隙間があくこともあるのです。そうなると、壁であっても雨水が侵入してきます。他にも、雨水水管から水漏れがしている事によって雨漏りに繫がるというケースも有りますね。このように、屋根のみならずいろいろなところが原因となって起こるのです。これらを解消するためには、雨漏り修理リフォームを行うことが重要になります。