密閉具合

ファミリー

家は、様々な衝撃から家人を守るために存在するものです。外にいると雨や風といった天候によって引き起こされるものもありますし、中には人為的な弊害なども起こりえますよね。それら全てを受け止めて、中にいる人の安全を守るのが、住宅の役目であり存在意義だと思います。そのためには、やはりしっかりとした防護性が必要になりますね。防護性というと、いまいちどのようなものかわかりにくいかもしれませんが、単純に密閉されているかどうかというのが肝になると思います。例えば、家に隙間があるとそこから空気が流れ込んできますよね。冬であると隙間風が吹き込み、室内の温度を下げてしまいます。そうすると暖房器具の機器も悪くなりますし、それによって快適性も失われてしまいます。そして、この隙間を通るのは風だけではありません。臭いもそこから室内に侵入してきますし、雨水もこの隙間を通るのです。そして、隙間というのは経年劣化によって起こってしまう可能性があります。家は、先ほどの記事でもお伝えしたとおり多くの材料を組み合わせて作られているものなので、組み合わせている間に隙間が空いてしまいます。そレを埋めるためにコーキングと呼ばれるものを埋め込みます。これによって隙間を埋めることができます。しかし、コーキングは時間の経過とともに劣化してしまうので密閉状態がなくなります。そうすることで雨漏りが起こることもあるのです。これらは、雨漏り修理リフォームをすることで改善できます。